安全?品質
サステナビリティ
IR情報
學ぶ?楽しむ

プレスリリース
採用情報

安全アドバイザリーグループ

安全の層を厚くするために。

2005年3月、JALグループは國土交通大臣より事業改善命令を受け、その後も安全上のトラブルが連続したことから、2005年8月に安全アドバイザリーグループを設置しました。

メンバーは、発足後約5カ月間に、安全上のトラブルの當事者?関係者からのヒアリング、主要現場の視察、御巣鷹慰霊登山、國土交通省?東京國際空港(羽田)の管制保安部見學など、計30回におよぶ委員會や現場調査、130時間を越えるヒアリングを行いました。そして、2005年12月に、JALグループがより高い安全水準をもった企業として再生し、社會からの信頼を回復するために最初の提言を行いました。その後も、年2回、経営とのフォローアップ會議を開催し、JALグループの安全への取り組みの進捗を確認するとともに、その都度助言などを行っています。

2009年にはJALグループの職場訪問ならびに直接対話を計25ヶ所にて実施し、2005年以降の4年間における取り組みを評価するとともに、その取り組みをさらに深化させるため、2009年12月に新たな提言を行いました。

その後も、継続的に職場訪問ならびに社員との直接対話を実施しています。

メンバー紹介

安全アドバイザリーグループは、ノンフィクション作家で評論家の柳田邦男先生を座長とし、ヒューマンファクター、失敗?欠陥分析、組織運営?文化、安全等に幅広い知識、経験を有する5名の社外有識者によって構成されています。

柳田邦男先生

1936年生まれ。作家、評論家。NHK社會部記者を経て1974年に作家に転身。事故、災害、社會的事件、障がい者問題、醫療、臨床心理、子どもの発達、ネット社會問題など幅広い分野で執筆活動を続ける。1972年「マッハの恐怖」で大宅壯一ノンフィクション賞、1979年「ガン回廊の朝」で講談社ノンフィクション賞、そのほか、受賞多數。2002年に航空安全思想の普及に対して、民間航空再開50周年記念國土交通大臣表彰を受ける。2005年より日本航空安全アドバイザリーグループ座長。主な著書「事故調査」「航空事故」など。

畑村洋太郎先生

1941年生まれ。東京大學名譽教授、㈱畑村創造工學研究所代表。専門分野はナノ?マイクロ加工學、生産加工學、醫學支援工學、失敗學、危険學、創造學。また、特定非営利活動法人「失敗學會」の會長として失敗學の普及を行っている。 2001年より獨立行政法人科學技術振興機構の失敗知識データベース推進委員會統括、また東京電力福島原子力発電所における事故調査?検証委員會(政府事故調)委員長、消費者庁消費者安全調査委員會委員長も務めた。主な著書「失敗學のすすめ」「技術の創造と設計」など。

鎌田伸一先生

1947年生まれ。防衛大學校名譽教授。専門分野は組織論と経営學。組織學會、日本経営學會、経営情報學會、経営學史學會などの學會に所屬。主な著書「失敗の本質-日本軍の組織論研究」「戦略の本質」など。

芳賀繁先生

1953年生まれ。株式會社 社會安全研究所 技術顧問、立教大學名譽教授。専門分野は交通心理學、産業心理學、人間工學。鉄道労働科學研究所、JR鉄道総合技術研究所で鉄道の安全に関わる心理學や人間工學を研究。その後、立教大學等で教鞭をとりながら鉄道、道路交通、醫療、製造業などの安全問題の研究?実踐に攜わる。2018年から現職。主な著書「うっかりミスはなぜ起きる:ヒューマンエラーを乗り越えて」「失敗ゼロからの脫卻:レジリエンスエンジニアリングのすすめ」など。

小松原明哲先生

1957年生まれ。早稲田大學理工學術院教授。専門分野は人間生活工學。中でも“人間の自然な行動”を主題に、「利用狀況の調査」を重視した製品の使いやすさ向上やヒューマンエラー防止などのヒューマンファクター、そのマネジメントに関する調査?設計技術の研究、教育、企業指導を行っている。主な著書「安全人間工學の理論と技術」「ヒューマンエラー」「エンジニアのための人間工學」など。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader別ウィンドウで開くが必要となります。

ページの先頭へ移動
a片无限看- 无限在线观看免费